外国にルーツを持つ子どもたちのキャリアをはぐくむ事業

在留外国人の増加とともに、日本語指導が必要な児童・生徒も年々増加しています。しかし同じ社会に住んでいながら、日本人は外国人がどのような生活を送っているかを知る機会は少なく、また昨今話題になっている子どもの貧困についても、外国人住民や外国にルーツをもつ子どもたちの状況はあまり把握できていません。
そこで、多文化共生センター大阪では「子供の未来応援基金」の支援を受け、「大阪市西淀川区における外国人住民生活実態」の調査を実施しました。

「外国にルーツを持つ子どもたちのキャリアを育む事業」報告書

「大阪市西淀川区における外国人住民生活実態調査報告書」

CEFR自己評価表

「外国にルーツを持つ子どもたちのキャリアを育む事業」報告Webページ

本事業は子供の未来応援基金の支援を受け実施しています

あわせて読みたい